数学検定3級以上の皆様に
「いつでもどこでもスキルを証明できるデジタル合格証」を発行しております。

デジタル合格証を取得する

※一次試験のみ合格の方は発行できませんので、ご注意ください。

あなたの数学スキルを生涯にわたって証明します。

「デジタル合格証」は紙の証書と異なり携帯しやすく、紛失のおそれもありません。
セカンドキャリアとして塾講師、家庭教師などの道に進まれる際に、自分のスキルを手軽に説明・証明することができます。

あなたの「学習した証」がカタチとして残ります
日々の努力や成果をデジタル合格証というカタチで残せます。
いつでもどこでも持ち運べて、紛失の心配もありません
デジタルで管理・発行しますので、紛失や破損がありません。
スマホやパソコンでアクセスすれば、外出先でも簡単に確認できます。
友人にも共有できます
各種SNSサービスとも連携していますので、あなたが受けた講座のレビューを投稿したり、紹介ができます。
もちろん合格証も。

大手学習塾(講師)での優遇があります!

デジタル合格証をお持ちですと講師採用時の試験(数学)免除や定期査定・考課時の評価(例 : 時給アップ)など大手学習塾での優遇があります。詳しくは塾の採用担当者にお問い合わせください。

お問い合わせについて

数学検定の「デジタル合格証」は、「学習履歴活用推進機構」が発行しております。ご不明点は学習履歴活用推進機構へお問い合わせください。

お問い合わせ

デジタル合格証に関するお問い合わせ

名称 学習履歴活用推進機構
代表 理事長 小林建太郎
住所 〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4
電話 03-5846-2131
設立 2014年1月21日
目的 学習履歴活用推進機構は、これまで教育機関や企業等の個別組織内のみで活用されてきた学習者(生徒・学生・社員・職員等)の学習履歴を学習者を中心として生涯に渡って活用することで学習者の適正な評価の可視化を図るとともに、学習履歴の統合によってこれまで学習者の気づいていなかった新たな社会的評価を可視化し、快適で豊かな生活を営むことに寄与することを目的とします。
事業内容
1. 活用推進
統合化された学習履歴を学習者や組織が活用しやすいように  徽章・記章(バッジ)として明示し、それらを学習者や組織が共通の基準で評価できるよう推進します。
2. 研究・実証実験
各種資格団体や業界組織など学習履歴の認定や評価を行う組織と連携し、学習履歴の活用方法についての研究や実証実験を行います。
公式サイト 学習履歴活用推進機構

公益財団法人 日本数学検定協会公式サイト

公益財団法人 日本数学検定協会 デジタル合格証を取得する